組織カウンセリング

1.組織カウンセリングとは?

心理の専門家が、御社の従業員や経営者などに対して実施するカウンセリングのことです。基本的に全ての従業員や経営者が対象になります。

2.組織カウンセリングの種類

2-1.出張カウンセリング

定期的に専門家が御社に出張して、御社の社員さんにカウンセリングを行います。ひと月に出張する回数や、一回当たりの滞在時間は、最初に打ち合わせをして決めます。御社にはカウンセリング用の部屋を用意していただきます。

「相談したい人だけカウンセリングする」という形にすると、どうやら手をあげにくいようです。そのため、できれば全ての社員さんに順番にカウンセリングを受けていただく形を提案させていただきます。

ただし、御社の環境やニーズにもよると思われますので、やり方は事前に打ち合わせして決めさせていただきます。

2-2.来談カウンセリング

当方のカウンセリングルームに来ていただいてカウンセリングを受けていただけます。出張カウンセリングとは違って、御社の営業時間外でも相談対応できます。御社の社員さんも仕事がない時間帯にカウンセリングを受けられます。

2-3.オンラインカウンセリング

メールや電話(スカイプ、ラインなどもOK)を使って相談できます。オンラインでの相談なので、職場の人の目を気にせず相談できます。時間や場所を気にせず自宅からも気軽に相談できます。

3.組織カウンセリングの対象者

カウンセリングと言うと、悩んでいる一般的に従業員さんをイメージされるかもしれません。でも、悩みを持つのは従業員さんだけではありませんね?

管理職の方であれ、経営者の方であれ、人ならば誰しも悩みます。むしろ、 管理職や経営者の方の方がカウンセリングを受けるべきなのです。なぜなら、組織に与える影響力が大きいからです。そのため、御社に所属する全ての人がカウンセリングの対象となります。

4.組織カウンセリングで相談できる内容

4-1. 仕事について

例えば、

  • 仕事が面白くない
  • 仕事が自分に合っていない
  • 仕事が思い通りにいかない

など、仕事に関する問題を相談していただけます。その上で、どんなことがその問題の原因になっていて、どうすれば解決できるのかを一緒に探っていきます。

4-2. 人間関係について

  • ハラスメント問題
  • 人間関係のすれ違い・トラブル

など、人間関係の問題全般についても相談していただけます。たいてい人間関係の問題は、双方の誤解が原因になっていることが多いです。ですから、どんな思い違い、誤解があるのかも探っていきます。

4-3. モチベーションの問題

理由がハッキリしている場合だけではなく、「なぜだか分からないがモチベーションが上がらない」のような、理由がハッキリしないモチベーションの問題にも対応できます。

人は、自分が気づかない潜在的な感情や考えもたくさん秘めていますので、そういったものを表面化させ、モチベーションを妨げている原因を探ります。

4-4. キャリアについて

仕事をする上で、今楽しく仕事することは重要です。でも、今の仕事が将来にどうつながっていくのかを見据えることも同じくらい重要です。

そこで、キャリアや人生ビジョンを明確にしていくお手伝いもいたします。

5.守秘義務

出張カウンセリングは最初に契約を結んで、サービスがスタートします。最初の契約の時点で、個人情報をどのように取り扱うかを決めます。

例えば、専門家が御社の社員さんのカウンセリングをしたとします。でも、相談内容を上司や経営者にそのままお伝えすることはできません。そうなると、誰も相談しなくなるからです。

ただし、 相談者の方が上司や経営者から紹介されて相談室にいらした場合、上司や経営者 に相談内容を全く何も報告しないのも問題となる場合があります。そこで、そのような状況を想定して、事前に守秘義務について取り決めをさせていただきます。

6.料金

組織規模によって変動します。当方で計算式がありますので、まずはお問い合わせください。

7.お問い合わせ